製薬・医療業界に特化した転職サイト 製薬オンライン

品質管理(QC)転職ガイド 品質管理とは

製薬・医療業界の治験コーディネーター(CRC)とは

一般的に人体において有効性や安全性などについて調べる試験を「臨床試験」と呼びます。新薬の開発において、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験の事を「治験」と呼びます。

新薬が誕生するまでの流れ

この治験は、健康な方や対象となる疾病の患者さんなど多くの方のご協力を得て医療機関において実施されます。
CRC(Clinical Research Coordinator:治験コーディネーター)の役割は、この「治験」実施機関にあたる医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の下、被験者との調整や相談に乗るなどの患者さん対応や治験に係るデータ収集や報告書作成などのサポート業務を行います。
患者さんへの対応が主な業務となるため、経験豊かな看護師や薬剤師などの医療関係者が院長の命をうけて業務にあたることも多いです。

CRCには、新薬開発を行うにあたって、協力していただける被験者の方に安心して治験に臨んでいただけるよう、治験に係る関連法規や疾患に関する知識はもちろん、高いコミュニケーション力や誠実な対応が求められています。より良い薬剤の誕生を待ち望む患者さんのために、縁の下の力持ちとして活躍する注目の職種です。

同じく治験の実施に関わる仕事としては、CRA(臨床開発モニター)がありますが、こちらは治験依頼元である製薬企業の側に立って、全体を通して適切に治験が行われているかのチェックを仕事としている点が異なります。

 

未経験者が応募可能な案件も多数! エントリーはこちら